Adjustable Square Table-(ca,1976) / Charlotte Perriand for Les Arcs
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

Adjustable Square Table-(ca,1976) / Charlotte Perriand for Les Arcs

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

フランスの建築家シャルロット・ペリアンが1967年から手がけたレザルクスキーリゾートの標高1800にあるラウジエールレジデンスで使用された昇降型の正方形テーブルです。 小さなテーブルですが、6cmの非常に分厚いパイン集成材を使用し 天板高は最高75cm最低53cmの間で調整可能です。 多少の使用感、細かな傷はありますが、大きな割れや輪じみはなく、 ビンテージとして、として良いコンディションです。 昇降方法は、天板を一番低い位置にしてレバーをスライドすると自動で天板が上がります。好みの高さで、再びレバーをスライドするとホールドされます。40年以上前の製品ですが、とてもスムーズに動作を行えます。 脚部は、例によってスチールの1本脚ですが、イームズのエッフェルベースのグライズのように、接地面の凹凸に対してフレキシブルに動く脚先となっています。 レザルクスキーリゾートの家具シリーズは、伝統的シャレースタイル(山小屋風)をモダナイズしたペリアンならではのデザインです。Lea Arcs施設内賃貸物件等のリノベーションに伴う備え付け家具の放出品は、年を追うごとに増すペリアンの業績の賞賛と共に、価値が高くなっています。ペリアンは、コルビュジェも提唱している“同一規格”にこだわり狭小スペースにおいての快適性を生涯にわたり研究しています。小さな居住空間の集合体であるレザルクスキーリゾートは、彼女の後期作品における集大成といっても良いでしょう。 ※注意: レザルクスキーリゾートで使用された家具の多くは、家具店で販売されることを目的とせず、施設内の為の家具として考えられています。それ故、同じデザインでも個体差があります。また実際に生活の中で酷使されてきた家具ですので、シミや小傷や小さな打痕などがあり非常に使用感があります。画像でご確認頂ける通り、経年変化が生じた無垢材の天板ゆえ歪みがございます。構造体および薄くオイル仕上げ(オスモ)をしておりますが、先に述べた使用感や歪みを十分ご理解いただいた上、慎重に購入のご決断をお願いいたします。 サイズ(およそ):天板/約59cm×60cm、高さ/約53cm〜75cm 素材: パイン(松)、スチール ※Cannot be shipped overseas. ※簡発送準備に3〜4日程度頂戴します(定休日:月・火を含まず) ※こちらは佐川急便発送不可で、ヤマト家財便でのお届けです。  (開梱/設置/ゴミの持ち帰りを行います。) ・配送時間帯に関しましては1便(9時-14時)2便(12時-18時)のどちらかをお選び頂いております。家具の到着の際はドライバーから在宅確認のご連絡がいきますのでご対応お願い致します。  ・一部地域では終日便での配送になります。  ・一部地域、離島への発送に関しましては別途お見積もり致します。  ・代金引換は行っておりません。  ・玄関でのお渡しになります。  ・家具1台ご注文毎に、送料がかかります。   例)椅子2脚ご注文いただくと、2個口分の送料を頂戴いたします。